HOME > インプラントとは

インプラントとは

歯を失った場合の最善の治療法としてお勧めなのが、インプラント治療です。
歯を埋めるということは痛い、怖いなどの不安もあります。
「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉です。

インプラントは、欠損部分だけを補うことが出来るため、両隣の歯を削る必要がなく、歯を長持ちさせることが可能になった治療法です。
特別なお手入れも不要で、他の歯と同じように歯ブラシ等のケアで問題ありません。

私達が物を噛む時の力は、想像以上に大きいのです。

歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてまいりました。
歯においても40年以上の臨床実績があり、安心していただける治療法だと思います。

ページの上へ戻る

「よく噛める」「美しい」だけではないインプラント

「よく噛める」「美しい」だけではないインプラントのイメージ
まるで、本物の歯のように

インプラント治療の特徴はまず、よく噛めるということです。
その見た目の美しさが多くの患者様に支持されている大きな理由です。

インプラント治療のメリット
天然歯のような噛み心地

インプラントが顎の骨と結合する為、硬いものを食べても天然歯と同じ感覚で噛むことが出来るようになります。
毎日の食事をおいしく食べられる生活を取り戻したい方にはお勧めです。

天然歯のような見た目

人工歯に使われるセラミックは、周りの歯と色調を合わせますので、とても自然な見た目です。
天然歯と見分けがほとんどつきません。

健康な歯にダメージを与えない

歯を失った箇所だけに処置を施すのではなく、周りの歯を削ったり支えにしたりせずにすることが可能です。

歯を失った箇所の骨がやせない

噛む力がインプラントを通じて顎の骨までしっかり伝わるので、顎の骨がやせたり、噛み合わせが変化したりする心配がほとんどありません。

ページの上へ戻る

インプラントと入れ歯・ブリッジの違い

治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
インプラントのイメージ 入れ歯 ブリッジのイメージ
メリット
  • 硬いものもよく噛める
  • 見た目が美しい
  • 周りの歯を傷めない
  • 顎の骨がやせない
  • 早く簡単に治療できる
  • 周りの歯を削らずに済む
  • 保険適用のものがある
  • 比較的見た目が良い
  • 違和感が少ない
  • 比較的早く簡単に治療できる
デメリット
  • 外科手術を伴う
  • 治療に時間がかかる
  • 全身疾患がある場合には治療できないことがある
  • 保険が適用されず費用が高額
  • 硬いものがしっかり噛めないことがある
  • 外れることがある
  • 見た目があまりよくない
  • 違和感があり発音しにくい
  • 顎の骨がやせていく
  • 手入れが面倒
  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 両隣の歯を支えにするため負担がかかる
  • ずれて食べかすが詰まることがある
患者様に最適な治療をご提案します

熊本市の添島歯科クリニックではインプラント治療に力を入れております。
当院ではまず、お口の状態を確認しご要望やご予算などをうかがい、インプラント治療が最適な方法と判断した場合のみ手術を行っております。
治療に不安がある場合や他の治療をご希望の場合には、他の治療のご提案ももちろん可能ですのでご安心くださいませ。

ページの上へ戻る

ケース別治療法

1本の歯を失った場合

最も一般的なインプラント方法で、失った部分に1本だけ埋入します。
ブリッジのように両サイドの歯を削らずにできるのがメリットです。
また、噛む際に歯ぐきにいい刺激が加わるので、顎の健康を保てます。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合 

複数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入れ歯を使用しておりました。
しかし部分入れ歯は、歯ぐきに負担がありました。
インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式ブリッジなので、負担が少ない。

全ての歯を失った場合  

入れ歯は今まで歯のない歯ぐきで支えざるをえませんでした。
しかしインプラント治療の場合は、インプラントのヘッド部をバータイプの連結させたうえで、入れ歯を固定する事ができる為、
食事や会話時に入れ歯がずれてしまうようなことがありません。

  • 当院が選ばれる理由
  • 患者様の声
  • 料金